探幽ほか写し たんゆうほかうつし

その他 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期
紙本着色
縦57.2cm、横1252cm
2巻
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市

 探幽齋の絵画の写し。探幽齋は、江戸初期の画家で、鍜治橋狩野の祖。幕府の御用絵師として幅広い画技で一門の繁栄を築いた狩野探幽(1602~74)のこと。佐賀藩が所有していた書画類の目録『御掛物帖』に見られる。探幽齋の七幅対の作品「達磨」「鉄拐」「蝦蟇」「龍」「虎」「梅」「竹」が写されており、往時、佐賀城に掛けられていた作品の姿を伝えるものとして非常に貴重である。

関連リンク

探幽ほか写しチェックした作品をもとに関連する作品を探す

茂義公写画
茂義公写画

皆春斎

狩野探幽像
狩野探幽像

伝桃田柳栄

ぼたん図
達磨・布袋・朝陽図
達磨・布袋・朝陽図

狩野探幽/清厳宗渭

飛鶴図
飛鶴図

狩野探幽

ページトップへ