ぼたん図 ぼたんず

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 / 佐賀県 

江戸時代後期
紙本着色
縦27.8cm、横1544cm
1巻
佐賀県武雄市武雄町大字武雄5304-1 武雄市図書館・歴史資料館
武雄市

 71種の、さまざまな牡丹が描かれ、長大な巻子に仕立てられている。作者の特定は困難だが、若き日に狩野派門下として学び、「皆春斎」の雅号で絵画の制作にも意欲を示した武雄第28代領主鍋島茂義が、武雄の植物園で栽培していた牡丹を写生したものではないかと思われる。『西肥違芳』(大正6年刊)でも「皆春斎」の項に「武雄領主鍋島十左衛門茂義画を善くす」とその画才を評している。

関連リンク

ぼたん図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

茂義公写画
茂義公写画

皆春斎

皆春齋御絵具
失勃児杜經験方
植物図絵
長崎表異船渡来ニ付而、旦那様都合御心遣被為蒙仰候一通控 地
ページトップへ