文化遺産オンライン

夜着 鼓文

よぎ つづみもん

作品概要

夜着 鼓文

よぎ つづみもん

染織 / 大正 / 明治 / 日本

明治〜大正時代

木綿 筒描

L.167.0cm W.150.5cm

夜着とは着物の形をした掛け蒲団のことである。着物と同じように襟や袖が付いているが、袖に手を通して着用するのではなく、蒲団のように身体の上から掛けて使用した。四角い蒲団に比べ、襟の部分が身体に馴染み、すきま風が入らず暖かい。寒い時期には更にこの上から四角い蒲団を掛ける場合もあった。

夜着 鼓文をもっと見る

国際基督教大学博物館 湯浅八郎記念館をもっと見る

キーワード

袖口 / / / 袖丈

関連作品

チェックした関連作品の検索