犬とかたつむり いぬとかたつむり

油彩画 

山路商 (1903(明治36)年-1944(昭和19)年)
ヤマジ・ショウ
昭和12年/1937年
油彩・画布
80.1×116.4
1面

1903年新潟県に生まれた山路は、中国東北部で少年時代をすごし1920年から広島市段原で暮らすようになる。広島フォルム美術協会の結成をはじめ、戦前広島における芸術運動の指導者の一人だったが、1941年には特高に検挙されるほど、その表現には妥協がなかった。1937年に描かれたこの作品もシュール風な表現で犬は形を失いかけているし、かたつむりも犬らしい形の1/3もあろうかという巨大さに描くなど、現実の世界とは大きな隔たりがあるが、不思議なほど安定感の有る彼独自の世界を描き出している。

作品所在地の地図

関連リンク

犬とかたつむりチェックした作品をもとに関連する作品を探す

自画像
自画像

山路商

帽子をかむる自画像
動物
動物

丸木スマ

陸橋
陸橋

檜山武夫

花園
花園

靉 光(あいみつ)

ページトップへ