大里古墳出土品 おおさとこふんしゅつどひん

その他の画像全3枚中3枚表示

金属製品類 / 古墳 / 中国・四国 

不明
山口県
古墳時代後期
①環頭大刀(1振):直刀で、単龍環柄頭を有する。
②刀子(1口):鉄製。
③鉄鏃(1本):茎部のみ。
④須恵器(8点):坏蓋(2点)、坏身(2点)、高坏(2点)、埦(…
①環頭大刀:全長推定約85㎝(刀身現存長約60㎝、柄は現存長13.6㎝、柄頭長9.5㎝)。
②刀子:現存長5.4㎝、幅2.7㎝、厚み0.4㎝。
③鉄鏃:現存長12㎝、…
環頭大刀1振 刀子1口 鉄鏃1本 土器8点
山口県美祢市秋芳町秋吉1237-938
美祢市指定
指定年月日:20130426
美祢市
有形文化財(美術工芸品)

本遺物の製作年代は6世紀末~7世紀初頭と推定できるもので、昭和41年に美祢市秋芳町秋吉の大里古墳から出土したものである。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

大里古墳出土品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

双龍環頭大刀
東耕地3号墳出土品
馬場代2号墳出土品
二子塚古墳出土の銀装圭頭大刀附二子塚古墳横穴式石室内出土遺物
猪方小川塚古墳出土遺物
ページトップへ