高安千塚古墳群 服部川支群 伝森田山古墳出土 圭頭大刀・耳環・須恵器 たかやすせんづかこふんぐん はっとりがわしぐん でんもりたやまこふんしゅつど けいとうたち・じかん・すえき

考古資料 / 古墳 / 近畿 

大阪府
古墳時代
古代中国の玉器の「圭」に似た山形状の柄頭を持つ装飾付大刀の一種である圭頭大刀は、刀身の一部が失われているが、柄頭及び柄装具がすべて金銅製である。耳環は、銅芯に金板貼と銀…
圭頭大刀:復元長93㎝・耳環(金板貼製):縦方向の直径2.78㎝,横方向の直径3.17㎝,断面直径0.8㎝・耳環(銀板貼鍍製):縦方向の直径2.49㎝,横方向の直径2.7㎝,断面直径0.55㎝・須恵器(𤭯…
11点
大阪府八尾市千塚三丁目180番地の1
八尾市指定
指定年月日:20150305
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

高安千塚古墳群 服部川支群 伝森田山古墳出土 圭頭大刀・耳環・須恵器チェックした作品をもとに関連する作品を探す

二子塚古墳出土の銀装圭頭大刀附二子塚古墳横穴式石室内出土遺物
高安千塚古墳群
大里古墳出土品
猪方小川塚古墳出土遺物
双龍環頭大刀
ページトップへ