ハソウ形石製品 はそうがたせきせいひん

考古資料 / 古墳 

5世紀 古墳時代
滑石製
口径9.0 頭径5.4 胴径8.9 底径5.5 高8.3 胴高5.3
1口

複合口縁の壺で肩の上部に1孔を持つ器形は「ハソウ」と呼ばれる須恵器の器種の一つである。本品はハソウをうつしたもので、非常に重量感があり、かつていねいに作り出されている。胴部は中央に最大径を持ち、小さな平底を作り出す。体部は縦方向に工具で成形した後、横方向へ砥石で磨き上げている。頸部はラッパ状に開き縦方向に砥石で磨く。口縁部は頸部をいったん水平にした後さらに外側へ外反する。内面はていねいに刳り貫かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

ハソウ形石製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

小壺形石製品
槽形石製品
横瓶
須恵器 多嘴壺
渥美 灰釉壷(伝 一本松経塚出土)
ページトップへ