槽形石製品 そうがたせきせいひん

考古資料 / 古墳 

5世紀 古墳時代
滑石製
長14.6 幅11.3 高5.0 脚高0.9
1点

木製の四脚槽をうつした石製品である。非常に重量感のある作りで、ていねいに磨いて仕上げられる。鋭利な工具で見込みを画した後、立ち上がりは横方向に磨き上げる。底部外面には四隅に長方形で外側に踏ん張る小脚が削り出され、側面と底部との間には明確な段を持つ。槽形石製品は木製品を原型とし、5世紀前半に登場する。儀礼のための祭器として盛行し、石製祭器が形式化していく流れの中で5世紀末には完全に消滅する。

作品所在地の地図

関連リンク

槽形石製品チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ハソウ形石製品
小壺形石製品
鏡形石製品
車輪石
短冊形斧形石製品
ページトップへ