文化遺産オンライン

印判手角皿 菊に蝶・蝙蝠に軍配文

いんばんでかくざら きくにちょう、こうもりにぐんばい

作品概要

印判手角皿 菊に蝶・蝙蝠に軍配文

いんばんでかくざら きくにちょう、こうもりにぐんばい

陶磁 / 明治 / 日本

明治時代

磁器 印判(型染)

L. 21.2 cm W. 21.4 cm

「印判」とは、手描きによる絵付に対し、型による絵付の手法を示す言葉として一般に使われる。特に明治以降、合成コバルトの導入などによって印判物の製造法は急速な発達をみせる。この時期、美濃や伊万里で大量に製造された多種多様の食器類は、「印判手」の器として庶民の間で愛用されてきた。

関連作品

チェックした関連作品の検索