青磁染付鶴亀図菊形大皿 せいじそめつけつるかめずきくがたおおざら

陶磁 / 江戸 

伊万里
江戸時代・19世紀
磁器
高5.8 径31.2 高台径17.3
1枚

 元禄以降、伊万里では色絵が染錦手(そめにしきで)を守ったのに対し、染付は新しい展開を示し、凄じいほどの多様な文様と豊穣な意匠の世界を作り上げた。この皿は青磁釉と染付を塗り分け、とらわれない自由な発想で亀と鶴を描き民衆の器に相応しい活気溢れた作となった。

作品所在地の地図

関連リンク

青磁染付鶴亀図菊形大皿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

染付草花文輪花大皿
青磁染付梅青海波文皿 鍋島
染付山水蛍狩図大皿
染付網目文大皿
染付雲龍文鉢
染付雲龍文鉢

伊万里

ページトップへ