文化遺産オンライン

青磁染付鶴亀図菊形大皿

せいじそめつけつるかめずきくがたおおざら

作品概要

青磁染付鶴亀図菊形大皿

せいじそめつけつるかめずきくがたおおざら

陶磁 / 江戸

伊万里

江戸時代・19世紀

磁器

高5.8 径31.2 高台径17.3

1枚

 元禄以降、伊万里では色絵が染錦手(そめにしきで)を守ったのに対し、染付は新しい展開を示し、凄じいほどの多様な文様と豊穣な意匠の世界を作り上げた。この皿は青磁釉と染付を塗り分け、とらわれない自由な発想で亀と鶴を描き民衆の器に相応しい活気溢れた作となった。

青磁染付鶴亀図菊形大皿をもっと見る

伊万里をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

染付る / 伊万里 / / 大皿

関連作品

チェックした関連作品の検索