文化遺産オンライン

ある音楽家のための楽譜

あるおんがくかのためのがくふ

作品概要

ある音楽家のための楽譜

あるおんがくかのためのがくふ

水彩

パウル・クレー  (1879-1940年)

パウル・クレー

大正13年/1924年

インク・水彩・紙

25.7×31.1

パウル・クレーは音楽家の両親のもとで育ち、自身も幼少からヴァイオリンをたしなみました。そうした音楽体験の影響もあり、音楽を題材とした作品を多数制作しています。
本作では、水彩絵具によって淡く描かれた色の一つ一つがオーケストラのように全体にまとまり、響きあうように構成されています。また、まっすぐに描かれているような線の描写も、良く見るとフリーハンドで描かれ、微妙にぶれたり曲がったりしていることが分かります。そうした表現によって、「音」の暖かさや、「音」が空間に響いていくような様子が描出されています。

ある音楽家のための楽譜をもっと見る

パウル・クレーをもっと見る

広島県立美術館をもっと見る

関連作品

チェックした関連作品の検索