正行寺鐘楼 しょうぎょうじしょうろう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 九州 

大分県
江戸/1830~1868
木造、瓦葺、面積8.1㎡
1棟
大分県中津市大字永添字城屋敷1148-1
登録年月日:20130621
宗教法人正行寺
登録有形文化財(建造物)

境内東寄り、山門の南側に位置し、布石積み基壇上に東西棟で建つ吹放し形式の鐘楼。入母屋造桟瓦葺。軸部は禅宗様を基調とし、石製礎盤に円柱を立て、折上格天井を張る。台輪上に独特なつくりの尾垂木付三斗を詰組とする。真宗寺院伽藍を特徴付ける鐘楼。

作品所在地の地図

関連リンク

正行寺鐘楼チェックした作品をもとに関連する作品を探す

福泉坊鐘楼
萬福寺鐘楼
正行寺本堂
極楽寺鐘楼
正蓮寺鐘楼
ページトップへ