Tomyojisammon

等妙寺山門

Details

Tomyojisammon

等妙寺山門

建造物 / 江戸 / 中国・四国

愛媛県

江戸中期/1750年前後

山門は、2本の親柱となる方柱とその前後に各2本の方柱を控柱とする4脚門で、親柱間98.0寸、控柱間61.4寸を測る。屋根は切妻造り、本瓦葺である。細部の彫刻が洗練された作りをもつ。

門幅98寸、奥柱間61.4寸

1棟

愛媛県北宇和郡鬼北町大字芝612

鬼北町指定
指定年月日:20130326

等妙寺

有形文化財(建造物)

山門の建立に関する文献記録は今のところ見いだせていないが、その意匠からは鐘楼建立の時期に近い時期のものと推測することができる。

Related Works

Search items related to work chosen