Akamagasekichosentsuushinshikankeishiryo

赤間関朝鮮通信使関係資料

Details

Akamagasekichosentsuushinshikankeishiryo

赤間関朝鮮通信使関係資料

歴史資料/書跡・典籍/古文書 / 江戸 / 中国・四国

任守幹・南玉・成大中・元重挙

江戸時代/1700年代

紙本墨書・まくり

正徳元年朝鮮通信使副使任守幹詩書:32.5cm×42.6cm 宝暦14年朝鮮通信使製述官南玉筆語書:30.5cm×52.0cm 宝暦14年朝鮮通信使製述官南玉詩書38.5cm×54.2cm 宝暦14年朝鮮通信使正使書記成大中筆…

7点(うち、朝鮮通信使壇ノ浦懐古詩1点 波田嵩山朝鮮通信使唱酬詩並筆語6点)

下関市指定
指定年月日:20150421

有形文化財(美術工芸品)

下関文書館が所蔵する「旧香川家文書」に香川玄靖が筆写した朝鮮通信使壇ノ浦懐古詩があり、寛永20年(1643)、明暦元年(1655)、正徳元年(1711)の各使行における詩作の内容を知ることができるが、その全てが松雲大師の韻を踏襲している。香川玄靖は長府藩儒学者で、正徳元年には朝鮮通信使御馳走のため赤間関に出張しており、その際に阿弥陀寺で筆写したものと推測される。各使行の正使、副使などの壇ノ浦懐古詩が料紙の表裏に記されている。この料紙は、もとは一紙であったと思われるが、現在は糊離れして3枚となっている。

Related Works

Search items related to work chosen