茶漆塗杏葉紋付衛府太刀拵 ちゃうるしぬりぎょうようもんつきえふのたちこしらえ

その他の画像全3枚中3枚表示

漆工 / 江戸 / 佐賀県 

佐賀県
江戸時代(寛文年間)/17世紀初
全長95.5cm
1口
佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

初代佐賀藩主鍋島勝茂の二男で嫡男の忠直所用と伝える衛府太刀拵。鞘の両側面には、茶漆塗の地に金蒔絵で鍋島家の家紋・杏葉紋が配されている。杏葉紋は植物由来の紋ではないが、紋章を構成する各部は植物に例えて呼ばれる場合が多い。本作品の杏葉紋には二種類が認められる。まず鞘の両側面に6ヶ所ずつ金蒔絵で配された杏葉紋は、花杏葉紋と呼ばれるタイプだが、萼および各葉の輪郭線に沿って内側に一筋の線が入る。もうひとつは、葉に密な縦線が入る筋杏葉紋のタイプで、革先や石突、切羽などの金物部分に刻まれている。但し後世に一般化する筋杏葉紋とは異なり、蘂部を半円形で表し、そこにも縦線を刻んでいる。

作品所在地の地図

関連リンク

茶漆塗杏葉紋付衛府太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨子地杏葉紋付糸巻太刀拵
黒漆塗花杏葉紋桐唐草蒔絵飯櫃・杓子
黒漆塗葵紋杏葉紋散重箱
杏葉紋付円鏡
杏葉紋付円鏡

天下一山際近江守

黒漆塗杏葉紋散唐草蒔絵茶弁当
ページトップへ