一生一硯 いっしょういっけん

その他 / 日本 

 (1864-1942)
日本
17.0×11.0×2.7cm
1面
広島県廿日市市大野亀ヶ岡701
海の見える杜美術館

1873年(明治10)栖鳳14歳のころ、父政七の家業料亭「亀政」の料理人がこの硯をおいていった。ちょうど絵の勉強を始めた頃でもあり、当面のつもりで使い始めたのだが、磨る墨との調和がとても快適なので、この硯ばかりを使い続けた。ところが栖鳳も還暦を過ぎたある日、とつぜん真二つに割れてしまった。栖鳳は「一生一硯」という一語と共に「(この)硯を頼りに一生過ごしたという気がする」と述べている。作品の大半はこの硯から生まれたと言われている。

作品所在地の地図

関連リンク

一生一硯チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花入
花入

竹内栖鳳

打掛
打掛

竹内栖鳳

一行書 釈迦名号
一行書 釈迦名号

豊臣 秀頼

御書状  「立札通」
御書状 「立札通」

聖護院宮 興意法親王

四角盆 豊干
四角盆 豊干

竹内栖鳳

ページトップへ