コウガイ こうがい

民俗  有形民俗文化財 / 日本 

幅9.5 高さ2.8 奥行き3
員数1
三島町

アワやキビの穂摘み用具で、片手で使用します。只見川上流域で昭和30年代ごろまで使用されてきました。これは青森・秋田・岩手県の古代遺跡からも同型のものが出土しています。コウガイやコゲエと呼ばれ、その意味は不明です。刃には鎌や鋸の刃を再利用しました。

作品所在地の地図

関連リンク

コウガイチェックした作品をもとに関連する作品を探す

会津只見の生産用具と仕事着コレクション
タゴシラエグワ(田ごしらえ鍬)
北上山地川井村の山村生産用具コレクション
天神沢遺跡出土石庖丁
白沢の養蚕関係用具
ページトップへ