若狭めのうの玉磨用具 わかさめのうのたますりようぐ

その他の画像全2枚中2枚表示

有形民俗文化財 / 中部 

福井県
327点
小浜市遠敷2丁目104
登録年月日:20060315
管理団体名:
備考:
福井県
登録有形民俗文化財

 この資料は、若狭地方で行われためのうの玉の製造技術に関する用具とその半製品である。若狭地方ではめのうの玉を製造することを「玉磨」と呼ぶ。玉磨は、享保年間(1716~1736)、遠敷村(現小浜市遠敷)の高山喜兵衛が、大坂で金剛砂を使用した研磨の技法を、さらに津軽でめのうの焼き入れの技法を習得し、村に戻って玉磨を始めたことに由来するといわれている。その後、玉磨に従事する者がしだいに増え、その製品は「若狭玉」「遠敷玉」などと呼ばれ、京都や大坂に売られ、緒締玉、数珠玉、かんざし玉などとして広く利用されてきた。
 江戸時代は玉磨だけが行われていたが、明治になると用具の機械化・動力化が進むとともに彫刻の技法が開発され、香炉や盃、仏像、動物類の置物などが製作されるようになった。それ以後、製品は各種博覧会などにも出品されるようになり、組合も組織されて若狭めのう細工として展開して今日に至っている。一方、江戸時代より続く玉磨は、彫刻の技法の発達にともない次第に衰退し、昭和30年代にはほとんど行われなくなった。
 めのうの原石は、古くは若狭地方でも産出したといわれているが、江戸時代以来石川、富山、島根などから運び込まれていた。明治中頃からは北海道に良質な原石が見つかったため、組合が採掘場を所有してその原石を採掘してきた。戦後は国産の原石は使われなくなり、比較的安価なブラジル産を使用するようになっている。
 本資料は、若狭瑪瑙商工業協同組合が収集した資料と小浜市内の職人から直接収集した資料から構成されており、昭和30年代まで行われていた、めのうの玉磨に使用された用具である。玉…

作品所在地の地図

関連リンク

若狭めのうの玉磨用具チェックした作品をもとに関連する作品を探す

阿波藍栽培加工用具
富山県境A遺跡出土品
会津のからむし生産用具及び製品
播州三木の鍛冶用具と製品
近江甲賀の前挽鋸製造用具及び製品
ページトップへ