自動ミュール精紡機 じどうみゅーるせいぼうき

その他 / 大正 

リチャード・
ロバーツ
りちゃーど・
ろばーつ
ドイツ
大正/1925
370×475×110
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
公益法人 トヨタ財団

1830年、ロバーツが発明。加撚と巻取りを交互に行い、品質の良い糸を紡出できる精紡機です。日本には1867年に初めて鹿児島紡績所に輸入されました。熟練と体力を要し、リング精紡機に比べ能率が劣るので、綿紡績には1890年代以降リング精紡機に移行していきました。
展示機は、1925年のドイツ、ハルトマン社製の紡毛用で、起工業高校で教材としていたものです。

関連リンク

自動ミュール精紡機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

プラット社リング精紡機
RY型リング精紡機
クロンプトンのミュール精紡機
クロンプトンのミュール精紡機

サミュエル・
クロンプトン

ジェニー精紡機
ジェニー精紡機

ジェームズ・
ハーグリーブス

リング精紡機(RF型)
ページトップへ