ウォータフレーム精紡機 うぉーたふれーむせいぼうき

その他 / 昭和以降 

リチャード・
アークライト
 (1732-1792)
りちゃーど・
あーくらいと
イギリス
昭和以降/1993
65×155×124
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
トヨタ産業技術記念館

1769年イギリスのアークライトが発明。初めから水車の動力で動かす工場用の機械として設計されました。その原理は、順に回転が速くなる3組のローラによって粗糸を連続的に引き伸ばし、それをフライヤーで撚りをかけながら巻き取るものです。世界で最初に成功した連続多軸紡機です。ローラドラフトの原理と紡錘の駆動装置は、現在の精紡機に受け継がれています。
展示機は、イギリスマンチェスター科学産業博物館に保存されているものをベースにイギリスで複製したものです。

関連リンク

ウォータフレーム精紡機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

プラット社粗紡機(始紡機)
プラット社リング精紡機
アークライトのカード
アークライトのカード

リチャード・
アークライト

ジェニー精紡機
ジェニー精紡機

ジェームズ・
ハーグリーブス

粗紡機(FS型)
ページトップへ