スーパーハイドラフトリング精紡機 すーぱーはいどらふとりんぐせいぼうき

その他 / 昭和以降 

愛知県
昭和以降/1941
120×320×150
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
株式会社豊田自動織機

従来、粗紡機と精紡機の両方で行っていた繊維の引き伸ばし(ドラフト)を、一度で行えるようにした精紡機です。豊田喜一郎の提唱によって開発を始め1937年に完成しました。ドラフト機構を4組のローラで構成して、ドラフト倍率を従来の20〜30倍に対し、一躍100倍にも高めて超ハイドラフトを実現しました。その結果、粗紡機工程を全廃し、紡績業の合理化に貢献した画期的なものです。
展示機は、1941年に株式会社豊田自動織機製作所が製作して以来、稼動していたものです。

関連リンク

スーパーハイドラフトリング精紡機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

リング精紡機(RF型)
粗紡機(FS型)
練条機(DU型)
オープンエンド精紡機BD200型
RY型リング精紡機
ページトップへ