クロンプトンのミュール精紡機 くろんぷとんのみゅーるせいぼうき

その他 / 昭和以降 

サミュエル・
クロンプトン
 (1753-1827)
さみゅえる・
くろんぷとん
イギリス
昭和以降/1993
142×340×175
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
トヨタ産業技術記念館

1779年イギリスのクロンプトンが発明。ミュールというのは馬とロバの合いの子という意味で、ジェニー精紡機とウォータフレーム精紡機の両方の特徴を取り入れたのでこの名があります。ごく細い糸でも紡ぐことができるようになり、19世紀初めの英国の綿紡績業で爆発的に普及しました。
展示機は、イギリスのブラックバーンミュージアムに保存されてるものをイギリスで複製したものです。

関連リンク

クロンプトンのミュール精紡機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

ジェニー精紡機
ジェニー精紡機

ジェームズ・
ハーグリーブス

ウォータフレーム精紡機
ウォータフレーム精紡機

リチャード・
アークライト

自動ミュール精紡機
自動ミュール精紡機

リチャード・
ロバーツ

プラット社リング精紡機
梳綿機(ローラーカード)
ページトップへ