けしの花 けしのはな

絵画  油彩画 / 大正  昭和以降 / 日本 

小出楢重 (1887-1931)
こいでならしげ
1926年
紙・グアッシュ
38.1×30.9

ややくすんだ青の色を背景に咲き乱れる花々。芥子、マーガレットなどが、すばやい、のびのある筆づかいで生き生きと捉えられています。赤や黄色、緑などの原色による色彩効果ともあいまって、花々の生命力が凝縮された、小出楢重の静物画の特徴をよく示す作品です。生まれつき心臓に持病のあった小出は画室で制作できる裸婦と静物に没頭しました。つややかな筆触と堅牢な骨格をもつ彼の作品には、豊かな日本的感性がみなぎっています。

作品所在地の地図

関連リンク

けしの花チェックした作品をもとに関連する作品を探す

裸女立像
裸女立像

小出楢重

Nの家族(小出楢重筆 一九一九/油絵 麻布)
蔬菜静物
蔬菜静物

小出楢重

散歩
散歩

マネ、エドゥワール

パリ・ソンムラールの宿
ページトップへ