根来寺 不動堂 ねごろじ ふどうどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 江戸 / 近畿 

和歌山県
江戸中期
八角円堂、一重、本瓦葺
 附・厨子 一基
   正面一間、側面一間、入母屋造、妻入、正面軒唐破風付、こ   けら葺
1棟
和歌山県岩出市根来
重文指定年月日:20190930
国宝指定年月日:
宗教法人
新義真言宗
総本山根来寺
重要文化財

根来寺は紀ノ川下流域,大阪府境の和泉(いずみ)山脈の南麓に所在する新義真言宗の総本山寺院である。13世紀末に当地に教学の拠点が置かれ,16世紀半ばには大寺院に発展した。天(てん)正(しょう)13年(1588)に羽柴秀吉の紀州攻めで伽(が)藍(らん)の大半を焼失した後,近世に復興が進められた。大伝法堂は中世の威容の再現を志向して再建され,広壮な内部空間をもつ。光明真言殿は巧みな構造技術により静(せい)謐(ひつ)で気品ある大空間を実現した。境内正面の大門は規模雄大な二重門である。これらの諸堂は根来大工を中心に大坂や越後の大工との協働により造営された。中世の盛期伽藍を志向し,近世に達成した本山再興の中枢をなす建築群として高い価値が認められる。

作品所在地の地図

関連リンク

根来寺 不動堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

根来寺 行者堂
根来寺 大門
根来寺 光明真言殿
根来寺 聖天堂
根来寺 大伝法堂
ページトップへ