ハンセル氏個人アルバム はんせるしこじんあるばむ

その他の画像全4枚中4枚表示

写真 / 明治 

明治時代中期~大正時代前期/19世紀末期~20世紀初期
紙焼写真・アルバム
表紙:37.8×27.5
1冊


来歴:1993神戸市立博物館

参考文献:
・神戸市立博物館『まじわる文化 つなぐ歴史 むすぶ美―神戸市立博物館名品撰―』図録 2019
・神戸市立博物館特別展『コレクションの精華』図録 2008
・神戸市立博物館特別展『居留地返還100周年記念 神戸・横浜”開化物語”』図録 1999

イギリス人建築家A. N. ハンセル(Alexander Nelson Hansell, 1857-1940)は、北フランスのノルマンディー地方に生まれ、本国で教育を受け、建築家としての修業を積んだのち明治21年(1888)に来日しました。まもなく本拠を大阪川口居留地から神戸居留地に移し、同24年からF. R. I. B. A.(英国王室建築士会の特別会員)の称号を用いて活動しました。神戸のイギリス系社交クラブであるコーベ・クラブの会長も務めるなど、人望厚い人物でした。大正8年(1919)に離日し、昭和15年(1940)にモナコで死去しました。

このアルバムには、彼の設計した京都の同志社大学ハリス理科学館(明治23年築、重要文化財)、大阪のプール女学校(明治23年築)、コーベ・クラブ(明治23年築、神戸のイギリス系社交クラブ)、仕事中のハンセルの写真、ハンセルの娘の結婚式の記念写真が収められています。
同志社大学ハリス理科学館は、現在も同志社大学キャンパス内にあり、展示施設などとして公開されています。神戸には、彼の自邸であったシュウエケ邸のほか、ハンセルの設計と推測される異人館が今も残っています。

【近代の神戸】

作品所在地の地図

関連リンク

ハンセル氏個人アルバムチェックした作品をもとに関連する作品を探す

グルーム氏個人アルバム
コンノート公来神記念祝辞
居留地西側の境界(Division STREET KOBE)
イラストレイテッド・ロンドンニュース1868年3月28日号
PLAN OF THE FOREIGN SETTLEMENT OF KOBE(神戸外国人居留地計画図)
ページトップへ