金平家住宅主屋 かねひらけじゅうたくしゅおく

住居建築 / 明治 / 中国・四国 

鳥取県
明治/1885
木造平屋建、茅葺、建築面積142㎡
1棟
鳥取県東伯郡琴浦町大字太一垣字宮ノ前179
登録年月日:
登録有形文化財(建造物)

大山裾野の田園地帯にある農家で、主屋は敷地中央に西面して建つ。桁行七間梁間五間、寄棟造茅葺で桟瓦葺の箱棟を載せる。内部は北に土間、南に二列計五室を配し、南列表に座敷飾を備えたオモテを設ける。伯耆地方平野部の伝統的な農家建築の形式をよく示す。

関連リンク

金平家住宅主屋チェックした作品をもとに関連する作品を探す

佐藤家住宅主屋
和田家住宅主屋
旧浅島家住宅主屋
芳里家住宅主屋
小坂家住宅主屋
ページトップへ