西園寺公望所用鳩居堂製竹管筆 銘 清風 さいおんじきんもちしょようきゅうきょどうせいちくかんひつめいせいふう

工芸 / 大正 

大正
(右)
全長三九.二
管長二七.三
管径二.二
(左)
全長三四.七
管長二四.五
管径一.七
2
木村陽山コレクション

昭和初期までの歴代内閣総理大臣で文雅の道に心を寄せた人物の一人、西園寺公望は書や篆刻で名を知られた。 本筆は公望が愛用したもので、穂首が長い超長鋒の羊毫筆。この種の筆は墨含みがよく、風韻のある書を表現できるが、毛質がやわらかいために相当の技術を必要とする。しかし、公望の作品からは彼が羊毫筆の特性を活かして悠々と筆を運んでいることが知られ、いかにも文人宰相らしい風格が備わっている。

作品所在地の地図

関連リンク

西園寺公望所用鳩居堂製竹管筆 銘 清風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

柴野栗山所用蒋瑞元製竹管筆  銘 柳條 銘 鳳毛
山元春挙所用円健斎製火紋竹管筆 銘 春挙先生雅玩<BR/>山元春挙所用斑竹管筆 銘 春挙先生清玩<BR/>山元春挙所用金翠堂製竹管筆 銘 一徹先生清玩
紫山窯製清水焼陶管筆
新村出所用筆一揃
唐物竹毫筆
ページトップへ