紫山窯製清水焼陶管筆 しざんようせいきよみずやきとうかんひつ

工芸 / 昭和以降 

昭和
(右)
全長一九.六 管長一六.七 管径一.〇 筆帽長八.四 筆帽径一.三
(左)
全長一九.一 管長一六.五 管径一.一 筆帽長八.二 筆帽径一.三
2
木村陽山コレクション

日展で活躍した篆刻家、加藤紫山の作による陶製の筆管。陶磁による文房具制作は、陶芸家の余技でなされることが多いが、篆刻という書芸術に通じた紫山の作は、書人の好みをよくとらえ繊細で精巧なものである。唐草と七宝模様を交互に配した同じ文様が、色違いの描き落とし技法で描かれている。鳥の羽毛で製した穂首が配され、軽やかな趣を添えている。

作品所在地の地図

関連リンク

紫山窯製清水焼陶管筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鳩居堂製イ方古本朝名人用筆 乾 坤
鎌倉彫瑞鳥文筆
唐物青貝花立涌文筆
貂毫古代厨子管筆
西園寺公望所用鳩居堂製竹管筆 銘 清風
ページトップへ