唐物青貝花立涌文筆 からものあおがいはなたてわくもんひつ

工芸 

(右)
全長二一.四 管長一七.五 管径一.〇 筆帽長九.九 筆帽径一.四
(左)
全長二〇.八 管長一七.八 管径一.〇 筆帽長九.〇 筆帽径一.四
2
木村陽山コレクション

本筆に見られる曲線の連なりが、ひょうたん状に上下へと連なる文様のことを「立涌」といい、その中に描かれる文様によって「雲立涌」「笹立涌」などと呼ぶが、本筆は単純化した花の文様が表されている「花立涌」である。正倉院の染織品にも見られる伝統的なこの文様は、使用すると筆の動きにつれて光を反射して煌めくため、装飾筆にはしばしば用いられるものである。

作品所在地の地図

関連リンク

唐物青貝花立涌文筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物青貝十六羅漢図筆
唐物象牙模竹管筆
鳩居堂製イ方古本朝名人用筆 乾 坤
鎌倉彫瑞鳥文筆
唐物堆黒亀甲唐草文筆
ページトップへ