唐物象牙模竹管筆 からものぞうげもちくかんひつ

工芸 /  

中国・清
全長一七.四
管長一四.九
管径〇.八
筆帽長七.五
筆帽径一.〇
1
木村陽山コレクション

竹は冬でもその青さを失わず、上下に節があることから節度を知るとされ、植物中の君子であると考えられていた。王徽之や蘇軾など特に竹を愛した文人も数多く、あえて象牙を用いて竹の姿を現すという凝った作である本筆も、このような竹への憧れに根ざしている。

作品所在地の地図

関連リンク

唐物象牙模竹管筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物象牙彫宝塔形管筆
唐物青貝花立涌文筆
唐物青貝十六羅漢図筆
唐物象牙彫八仙筆
鎌倉彫瑞鳥文筆
ページトップへ