唐物青貝十六羅漢図筆 からものあおがいじゅうろくらかんずひつ

工芸 

全長二三.四
管長一九.七
管径一.一
筆帽長一〇.五
筆帽径一.五
1
木村陽山コレクション

仏教の最高位の修行者の尊称が「羅漢」、その中でも特に神通力によって仏法を守護するとされるのが「十六羅漢」である。本筆の筆管には、さまざまな形に切り抜いた貝の薄片を用いて装飾する「螺鈿」の技法により、十六羅漢を表している。高位の僧によって、寺院で使われたと考えられる優品である。

作品所在地の地図

関連リンク

唐物青貝十六羅漢図筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

唐物青貝花立涌文筆
唐物螺鈿象嵌雲龍文筆
唐物象牙模竹管筆
鳩居堂製イ方古本朝名人用筆 乾 坤
紫山窯製清水焼陶管筆
ページトップへ