福枝製竹管筆 銘 頼先生山陽用筆 ふくしせいちくかんひつめいらいせんせいさんようようひつ

工芸 / 江戸 

江戸
全長二一.〇
管長一七.〇
管径一.〇
1
木村陽山コレクション

明治維新を成し遂げた原動力の一つが広島ゆかりの文人、頼山陽(一七八〇~一八三二)の思想であったことから、昭和初期まで人々の山陽への敬慕の念はとりわけ深いものであった。これにあやかって作られていたのが本筆である。美術史家、脇本十九郎と江戸の筆匠、秋葉和助の対談「明治以降の筆を語る」(『画説』四〇号)には、明治時代中期頃には有馬から「山陽外史」という筆が販売されていたことが記されている。本筆はこれに類すると考えられるもので、往年の有馬筆、そして熊野筆を考える上で重要である。

作品所在地の地図

関連リンク

福枝製竹管筆 銘 頼先生山陽用筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

山元春挙所用円健斎製火紋竹管筆 銘 春挙先生雅玩<BR/>山元春挙所用斑竹管筆 銘 春挙先生清玩<BR/>山元春挙所用金翠堂製竹管筆 銘 一徹先生清玩
新村出所用筆一揃
唐物象牙模竹管筆
柴野栗山所用蒋瑞元製竹管筆  銘 柳條 銘 鳳毛
竹内栖鳳所用筆一揃
ページトップへ