檜筆 ひのきふで

工芸 / 昭和以降 

昭和
(右)
全長二一.七 管長一六.〇 管径二.五
(左)
全長二七.八 管長二三.二 管径〇.九
1
木村陽山コレクション

右の檜筆は、木村陽山自身が「偶然市販で手に入れた」と記す珍らしいもの。檜の樹皮を束ねて、先を削って鉛筆のように使う。「試作程度のもので、感触は筆というよりもマジックの先に近く、味気ない…」というのが陽山の評価であるが、「先が磨り減った時には再び削って使える所が他に類のない手法と云えよう」という賞賛も忘れていない。左の細長い檜筆はこれとは製法が異なり、先端部分を叩きほぐすという一般的な植物筆の製法によって作られたもの。この種の檜筆は、江戸時代の高僧、慈雲(一七一八~一八〇四)が愛用したとも伝えられている。

作品所在地の地図

関連リンク

檜筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

新村出所用筆一揃
貂毫古代厨子管筆
木村陽山所用古梅園製斑竹管筆 銘 万法帰一
李朝飾筆一双
遠州草筆<BR/>文明堂製遠州草筆
ページトップへ