李朝飾筆一双 りちょうしょくひついっそう

工芸 

李朝
(右)
全長二一.八
管長一九.五
管径一.三
(左)
全長二一.九
管長二〇.〇
管径一.四
2
木村陽山コレクション

管頭と管尾が太く、中ほどが細い中国の装飾筆と同様の姿をしているが、細かな装飾は中国のものとは趣が異なっており、このことから木村陽山は、朝鮮半島の最後の王朝、李氏朝鮮の筆と判断し、箱書を揮毫したのであろう。所々に摩滅があることから発掘品と考えられ、独特の風格を持つ。朝鮮の筆は江戸時代にもたらされていたが、極めて研究が少なく、その詳細が明らかではなく、本筆の資料的価値は高い。

作品所在地の地図

関連リンク

李朝飾筆一双チェックした作品をもとに関連する作品を探す

貂毫古代厨子管筆
檜筆
新村出所用筆一揃
木村陽山所用古梅園製斑竹管筆 銘 万法帰一
竹内栖鳳所用筆一揃
ページトップへ