Wadaishisaikutsujoato

和田石採掘場跡

Details

Wadaishisaikutsujoato

和田石採掘場跡

その他 / 中部

採堀場跡は、和田町の三床山南東麓の山中(三の和田地区 通称栗屋谷)下部に位置し、小規模なものを含めると7ヶ所、大規模なものは2ヶ所ある。今回指定箇所はそのうちの最大規模の…

鯖江市指定
指定年月日:20150428

記念物

貞享2年(1685)の『越前地理指南』には、和田村に「石間歩アリ」という記述があり、『越前地理便覧』の同じく貞享2年の項にも「石切山有之所々」の中に「和田村」が記載されているので、貞享2年には石材の切り出しが開始されていたと考えられる。その他、享保5年(1720)の『余田組(はぐりぐみ)諸商売職人改帳』(笹生家文書、旧『武生市史』史料編所収)に石工の記録がある。活況を呈したのは大正時代から昭和初期、そして戦後の昭和30年前後であった。しかし、その後に他の良質な石材の流通や、コンクリート等の建築資材が普及し、需要が激減して昭和42年に廃坑となった。

Related Works

Search items related to work chosen