称名寺の喚鐘 称名寺の喚鐘

日本画 / 室町 / 中国・四国 

不明
広島県
江戸/1681
青銅製の和鐘
総高55.6㎝,口径35.7㎝
1口
大竹市玖波六丁目6番33号 称名寺
大竹市指定
指定年月日:20180328
有形文化財(美術工芸品)

称名寺の喚鐘は,鐘の竜頭の形や紐帯の蕨手と花弁をあしらた文様が佐伯郡廿日市の鋳物師山田治右衛門貞栄の作品と酷似しており,製作年代も同じ時期であるため,同人の作品の可能性があったが特定できなかった。また,專誉上人は元禄9年(1696)に亡くなっている。

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

称名寺の喚鐘チェックした作品をもとに関連する作品を探す

時鐘 奥州路磐手郡盛岡県城北更鐘
時鐘 奥州路磐手郡盛岡県城北更鐘

小泉五郎八(仁左衛門)

浄念寺の梵鐘
浄念寺の梵鐘

安尾彦左衛門尉正之

時鐘 南部盛岡城楼鐘
時鐘 南部盛岡城楼鐘

鈴木忠兵衛
鈴木忠左衛門

大竹廃寺跡出土鉄鐘
銅喚鐘
ページトップへ