その他の画像全2枚中2枚表示

考古資料 / 古墳 / 群馬県 

出土地:群馬県澁川市石原付近(上野国群馬郡豐秋村大字石原附近)出土
古墳時代・6世紀
鉄製鍛造
径8.6×9.8
1個

 やや大振りな倒卵形の十二窓鍔である。外側部に、銀象嵌で文様を施す。文様は、連続した波状文で、部分的に波状文を挟む直線文が残る。鉄製鍔は、古墳時代後期に出現し、盛行した。以後、近世の日本刀にまで引き継がれる日本列島独自の刀装具である。   

作品所在地の地図

関連リンク

チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀象嵌直刀
銀象嵌鍔
刀身
花形飾環頭大刀
鐔

ページトップへ