銀象嵌直刀 ぎんぞうがんちょくとう

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料 / 古墳 / 群馬県 

出土地:群馬県高崎市岩鼻町出土
古墳時代・6世紀
鉄製鍛造
現存長87.6 ; 鎺 長1.9 ; 鍔 径6.1×7.0
1個

 平棟平造の直刀である。直角関で、関部には鎺元孔を有する。茎部は一文字尻で、目釘穴2個を有し、鉄の目釘を通す。関部には鉄製の鎺を装着する。銀象嵌は表裏共、鎺元孔周囲に、外周にC字形文列を伴う円文を施し、鎺の側面にも波状文を施している。   

作品所在地の地図

関連リンク

銀象嵌直刀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

刀身
鐔

銀象嵌鍔
銀象嵌銘大刀
刀 無銘則房
ページトップへ