銀象嵌鍔 ぎんぞうがんつば

その他の画像全4枚中4枚表示

考古資料 / 古墳 / 静岡県 

出土地:静岡県富士宮市 別所1号墳出土
古墳時代・6~7世紀
鉄製、銀象嵌
1個

鉄製の八窓透の鍔である。外周部および窓間の表裏面と、縁部外面に渦巻状の銀象嵌文様が施されている。鍔本体の変形も少なく、一部の欠失部を除いて象嵌文様は密で、ほぼ完存する稀少な資料である。ルビ:はっそうすかし、うずまき、

作品所在地の地図

関連リンク

銀象嵌鍔チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鐔

銀象嵌直刀
刀身
銀象嵌鉄鏡
黒織部茶碗
ページトップへ