刀身

その他の画像全3枚中3枚表示

考古資料 / 古墳 / 群馬県 

出土地:群馬県安中市安中字下野尻出土
古墳時代・6世紀
鉄・銀製
現存長82.7 身幅3.4 ; 鎺 長1.0 ; 鍔 最大径6.3 ; 最小径5.3
1本

刀装具の鍔と鎺に銀象嵌を施した直刀である。茎部を欠失しているが、刀身部は切先までよく残っている。古墳時代には象嵌のある刀装具が多数出土しているが、ほとんどは本体から分離し刀の全体像を知ることができないことから、本例は貴重なものである。

作品所在地の地図

関連リンク

刀身チェックした作品をもとに関連する作品を探す

銀象嵌直刀
鐔

銀象嵌銘大刀
銀象嵌鍔
銀象嵌鉄刀
ページトップへ