絵葉書「雨晴より岩崎鼻を望む」 えはがき「あまはらしよりいわさきはなをのぞむ」

歴史資料 / 昭和以降 / 富山県 

富山県高岡市
昭和26年以降/1951年以降
紙・葉書・カラー印刷
縦8.8cm×横14.2cm
1
富山県高岡市古城1-5
高岡市蔵(高岡市立博物館保管)

本資料は、高岡市の雨晴海岸から見える岩崎鼻灯台を撮影した写真が印刷された、未使用の絵葉書である。
 裏面は、穏やかな雨晴海岸を背に氷見線の車両が1両走っている様子を写真におさめたもので、線路の向こう側にそびえる切り立った崖の上に、よく見ると白い岩崎鼻灯台が建っているのが分かる。
 表面は青緑色で印刷されており、上部に左書きで「郵便はがき」、左側に「POST CARD」とある。そして通信欄が全体の1/2という形式のため、本資料が発行された年代は昭和21年(1946)以降であることが分かる。更に、岩崎鼻灯台の設置が昭和26年(1951)であることから、それ以降に発行されたものと考えられる。また画質は高く、大正期以降登場したオフセット印刷特有の網点が見られず、コロタイプ印刷の可能性がある。
 ちなみに、当館はⅠ-1-571・746等に雨晴、Ⅰ-1-701に岩崎鼻灯台の絵葉書を所蔵している。尚、資料状態は良好である。

【雨晴・島尾海岸(あまはらし・しまおかいがん)】
 高岡市岩崎付近から氷見市島尾に至る富山湾の白砂青松の海岸。能登半島国定公園内にある。弧状を描いて延び,遠浅で波も静かなため絶好の海水浴場となっている。雨晴の名は,源義経一行が奥州落ちの途中,にわか雨に遭い岩の下で雨が晴れるのを待ったという故事による。雨晴(義経)岩や男岩・女岩などがある。『万葉集』に詠(よ)まれた渋谿(しぶたに)・有磯海などの地でもある。島尾海岸は砂浜地帯で,『万葉集』に詠まれた〈松田江の長浜〉のこと。松原は今も国有林の飛砂防止林に指定され貴重な環境資源となっている。砂丘の中に設けられた島尾遊園地はJR氷見線島尾駅の近くにある。渚(なぎさ)は眺望がひらけ,浜茶屋・休憩所・民宿などが並ぶ。西南は広い水田地帯が展開し,その果てに尾崎山という小丘陵が連なる。⇔松田江浜,義経伝説〈大嶋 充〉
HP『電子版 富山大百科事典』(2017年5月28日アクセス)

【氷見線(ひみせん)】
 高岡-氷見間16.5kmを結ぶJR西日本のローカル鉄道路線。最初は中越鉄道が営業していたもので,まず高岡-伏木間が1900年(明治33)12月に開業,12年9月に全通する。20年(大正9)9月には全線が国鉄に買収された。沿線には,大正末期から形成された伏木港岸工業地帯のほか,義経伝説が残る雨晴海岸や島尾海水浴場などの観光地がある。高岡駅から乗車すると,住宅地・工場群・海岸線と車窓の変化が楽しめる。自家用車の普及や貨物のトラック輸送への転換のため,旅客・貨物とも輸送量が減少している。1日上下各25本の列車が運行される(1993)。1日平均乗車人数は6037人(1991年度)。⇔雨晴・島尾海岸〈宮内久光〉
 2012年9月全線開通100周年記念イベントが高岡・伏木・雨晴・氷見の各駅や一部沿線で行われた。1日当たりの運行列車は上り19本・下り18本(2012)。1日平均乗車人数は3030人(2011年度)。
HP『電子版 富山大百科事典』(2017年5月28日アクセス)

※参考資料
・『角川 日本地名大辞典16 富山県』(角川書店、1979年)75頁
・HP「絵葉書資料館」(2017年5月28日アクセス)
・HP「伏木富山港」(2017年5月31日アクセス)
・HP「たかおか生涯学習ひろば」(2017年5月28日アクセス)
・HP「日本の灯台」(2017年5月28日アクセス)
・HP「the World of HRSH2 原島広至の世界」(2017年6月2日アクセス)

作品所在地の地図

関連リンク

絵葉書「雨晴より岩崎鼻を望む」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絵葉書「伏木方面より眺めたる義経雨晴」
絵葉書「(越中雨晴)雨晴全景」
絵葉書「(越中雨晴)雨晴全景」

SHUEIDO(秀英堂か※)

絵葉書「越中万葉巡り 有磯乃海」
絵葉書「越中 義経雨ばらし」
絵葉書「万葉のふるさと」
絵葉書「万葉のふるさと」

【発行】高岡市観光協会

ページトップへ