文化遺産オンライン

鉄砂草花文瓶

てっしゃそうかもんへい

作品概要

鉄砂草花文瓶

てっしゃそうかもんへい

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・17世紀

陶製

高14.4 口径3.8 高台径4.9

1口

身近な鉄を主な材料とした釉を用いて、白磁に絵付けをしたやきものを鉄砂(てっしゃ)と呼びます。文様は動植物を大胆に、のびやかに描き、素朴ながら深い味わいのある器が多くみられます。手にちょうどよく収まるこの瓶にも、植物らしい簡略化された文様が配されています。

鉄砂草花文瓶をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

朝鮮 / Joseon / てっす /

関連作品

チェックした関連作品の検索