文化遺産オンライン

鉄砂草花文壺

てっしゃそうかもんつぼ

作品概要

鉄砂草花文壺

てっしゃそうかもんつぼ

陶磁 / 朝鮮半島

制作地:朝鮮

朝鮮時代・17世紀

磁器

高25.9 口径16.8 底径11.6

1口

朝鮮では16世紀末より国外からの侵攻が相次ぎ、青花を描くためのコバルト顔料が枯渇したことから、鉄絵具で文様をあらわす鉄砂の生産がさかんになりました。この作品は広州官窯で焼かれたもので、自由闊達なばかりでなく、気品と風韻をそなえています。

鉄砂草花文壺をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

Joseon / 朝鮮 / / Korea

関連作品

チェックした関連作品の検索