Faceted Jar, Roundels in underglaze copper red

Details

Faceted Jar, Roundels in underglaze copper red

ceramics

Joseon dynasty, 18th century, Korea

高16.1 口径12.0 高台径10.2

1口

辰砂とは白磁の素地に銅分を含んだ絵具で赤色の文様をあらわす技法をいい、18世紀代にさかんに行なわれました。胴部は九角形に面取りが施されています。民窯の製品と考えられますが、生産窯についてはまだよくわかっていません。

Related Works

Search items related to work chosen