津田家住宅門及び塀 つだけじゅうたくもんおよびへい

住居建築 / 昭和以降 / 中国・四国 

高知県
大正/1914
門 木造、瓦葺、間口3.0m 塀 練塀、瓦葺、延長5.5m
1棟
高知県安芸市土居字西木戸838他
登録年月日:20190329
登録有形文化財(建造物)

敷地南面の路地沿いに建つ。塀は瓦を密に用いた練塀で、基礎は自然石積、屋根は桟瓦葺とする。門は塀東端に開き、東側を附属屋と接続する切妻造桟瓦葺の棟門で、冠木上に渡した三本の腕木で軒桁を受ける。武士住宅を思わせる、風格ある表構えを形成している。

作品所在地の地図

関連リンク

津田家住宅門及び塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

津田家住宅附属屋
石尾家住宅門及び塀
坂口家住宅門及び塀
室木家住宅門及び塀
畠中家住宅本門
ページトップへ