文化遺産オンライン

定家卿筆道

ていかきょうひつどう

作品概要

定家卿筆道

ていかきょうひつどう

/ 江戸

小堀遠州筆

江戸時代・17世紀

紙本墨書

1帖

藤原定家(ふじわらのさだいえ)は鎌倉初期の歌人。後に「歌聖(かせい)」と尊崇されると、その癖のある筆致が手本として近衛信尹(のぶただ)・烏丸光広・小堀遠州らに学ばれ、様式化しました。これは、その定家風の文字を書くための9つの奥義を記したもので、遠州に私淑した大名茶人・松平不昧(ふまい)の愛蔵品です。

定家卿筆道をもっと見る

小堀遠州筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 遠い / 茶人 / 小堀

関連作品

チェックした関連作品の検索