「風清」二字 ふうせい にじ

 

小堀遠州 (1579-1647)
こぼりえんしゅう
日本
江戸時代前期
紙本墨書 軸装
31.7×47.9cm
1

小堀遠州は桃山時代から江戸時代前期にかけての茶人。遠州流の祖。早くから古田織部(1543-1615) に茶の湯を学んだ。徳川三代将軍家光(1604-51) に献茶し、これが将軍家茶道師範の称のおこりとなった。「きれいさび」の茶を主張し、また、建築、造園をも手がけた。本作は中央に大きく「風清」の二字を横書きに大書した作品。個性的な書風であり、茶人遠州の面目躍如たるものがある。左隅に「宗浦」(朱文瓢箪印)の印を押す。

作品所在地の地図

関連リンク

「風清」二字チェックした作品をもとに関連する作品を探す

書状  東海寺侍者宛 正月三日  「改年之御慶」
書状
書状

金森宗和

遠州茶杓
遠州茶杓

小堀遠州

竹茶杓 銘 埋火
竹茶杓 銘 埋火

小堀遠州作

小袖 黒綸子地遠州模様
ページトップへ