書状 しょじょう

 / 江戸 

小堀遠州筆
江戸時代・17世紀
紙本墨書
1幅

 小堀遠州は江戸時代初期に活躍した武将で茶人。名は政一(まさかず)。秀吉・家康に仕え、江戸幕府が成立すると普請奉行として様々な作事を担当。この書状は平勘解由という人物へ自分が見つけた珍しい籠を一つ送ると伝えた手紙。数寄者としての遠州の一面が垣間見られて面白い。(120612_h04)

作品所在地の地図

関連リンク

書状チェックした作品をもとに関連する作品を探す

定家卿筆道
定家卿筆道

小堀遠州筆

書状  東海寺侍者宛 正月三日  「改年之御慶」
竹茶杓 銘 埋火
竹茶杓 銘 埋火

小堀遠州作

「風清」二字
「風清」二字

小堀遠州

小袖 黒綸子地遠州模様
ページトップへ