方広寺半僧坊真殿 ほうこうじはんそうぼうしんでん

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 中部 

静岡県
明治/1888
木造平屋建、瓦葺、建築面積35㎡
1棟
静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
登録年月日:
宗教法人方広寺
登録有形文化財(建造物)

拝殿北面に接続する半僧坊をまつる堂宇。桁行3間梁間3間、入母屋造桟瓦葺、側背面に縁を廻し、二軒繁垂木とする。内部は格天井の一室で、奧に仏壇を設ける。組物は出組、中備は蟇股、妻飾は虹梁大瓶束。建ちの低い構成と軒の深い緩やかな屋根に特徴がある。

作品所在地の地図

関連リンク

方広寺半僧坊真殿チェックした作品をもとに関連する作品を探す

方広寺半僧坊拝殿
方広寺山門
方広寺開山堂
方広寺札場
方広寺昭堂
ページトップへ