方広寺昭堂 ほうこうじしょうどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 中部 

静岡県
明治/1883~1897
木造平屋建、銅板葺、建築面積24㎡
1棟
静岡県浜松市北区引佐町奥山1577-1
登録年月日:
宗教法人方広寺
登録有形文化財(建造物)

開山堂北面に接続する開祖をまつる堂宇。桁行2間梁間2間、宝形造銅板葺で、正面中央に出入口を設ける。内部は格天井の一室で、奧に仏壇を設ける。尾垂木付二手先詰組に中備間斗束を加え、虹梁や肘木に丁寧な絵様を彫るなど、上質な意匠をもつ祠堂である。

作品所在地の地図

関連リンク

方広寺昭堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

方広寺開山堂
方広寺半僧坊真殿
方広寺半僧坊拝殿
方広寺山門
方広寺勅使門
ページトップへ